近年、企業を取り巻く経営環境が急激に変化する中、人事の課題は年々複雑化・高度化しています。
その中で経理部門以外の社員にも会計・財務知識が必要という認識が広がり、
人事としても人件費や賃金の企業経営への影響や今後について的確に把握し、必要な人事施策をタイムリーに検討することが重要になっています。
これからの人事担当者に求められる知識とはどの様なものなのでしょうか。

今回はゲストに日清食品ホールディングスで長年経理課に携わり、米国留学での会計学修士を取得をし、プロジェクトリーダーとしても新たな挑戦に挑んでこられた正木様をお招きし、経理の観点や知識をどのように人事領域へ活かされているのか、これまでの取り組みと今後の課題・挑戦をREVIEWします。

SPECIAL GUEST スペシャルゲスト

  • 日清食品ホールディングス株式会社
    CHRO・人事部長
    正木 茂 様
    1993年、新卒で日清食品に入社。経理課にて「簿記入門」からキャリアを始める。
    社費留学で米国ゴールデンゲート大学にて会計学修士取得。財務部、人事部を経て再び米国へ。米国日清にてCFOとして勤務。
    帰国後、基幹業務システム刷新プロジェクトリーダーとして、40年来のメインフレーム時代からSAPへの移行になんとか成功。
    2018年に財務経理部長に就任したが、翌年人事部長へ異動。本年3月CHRO就任。

OUTLINE 概要

  • 日時

    2021年12月21日(火)10:00~12:00

  • 配信形式

    Zoom(ウェビナー)でのLIVE配信

  • 視聴方法

    申込者には配信日までに運営事務局から視聴用URLをメール送信

  • 参加条件

    採用・育成業務に従事する部門のご担当者様

  • 参加費

    無料(事前申し込み制)

  • 主催

    株式会社ワークス・ジャパン

FACILITATOR ファシリテーター紹介

FACILTATOR ファシリテーター紹介

  • HRエグゼクティブ
    コンソーシアム 代表
    楠田 祐 氏

  • NECなど東証一部エレクトロニクス関連企業3社の社員を経験した後に1998年よりベンチャー企業社長を10年経験。会長を経験後2010年より中央大学ビジネススクール客員教授(MBA)を7年間経験。2009年より年間500社の人事部門を6年連続訪問。2015年は日テレのNEWSZEROのコメンテーターを担当。2016年より人事向けラジオ番組「楠田祐の人事放送局」のパーソナリティを毎週担当。2017年より現職。

    専門は人事部門の役割と人事の人たちのキャリアについて研究。多数の企業で非常勤役員や顧問なども担う。シンガーソングライターとしても本業として活躍。

    主な著書:「破壊と創造の人事」(出版:ディスカヴァー・トゥエンティワン) 2011年は、Amazonのランキング会社経営部門4位(2011年6月21日)を獲得した。他に「内定力2016~就活生が知っておきたい企業の『採用基準』」(出版:マイナビ)などがある。

WORKS REVIEW

ワークスレビューとは?

(株)ワークス・ジャパンでは、「WORKS REVIEW」というオンラインセミナーを立ち上げました。WORKS REVIEWとは、企業の人事採用担当者様を限定としたセミナーです。
採用、教育・研修、人事戦略など、テーマごとに先進的に取組む多くの企業のケースや経験を集めて、集合知を活用しながら人事課題をご紹介していきます。

WORKS JAPAN

ワークスジャパンについて

WORKS JAPANは『Technology』と『Creative』の最先端分野に挑戦し続け、 企業の組織や人事の抱える課題に対して、真摯に向き合い、 企業の現在と未来のあり方を実直に探求しています。
そこから導き出した課題解決策により、 最適なコミュニケーションで企業と人の未来をつなぐことで、 人と企業の持続的成長に貢献します。